アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

類似する病気

腰痛のシニア男性

腰部脊柱管狭窄症と類似する病気として、末梢動脈疾患があげられるでしょう。
腰部脊柱管狭窄症は、加齢による腰椎の変形が、末梢動脈疾患は動脈硬化症が原因です。
前者は、立っているだけで足が痛むのに対し、後者はそれがないのです。
また、後者は自転車に乗ると足が痛みますが、前者は痛みを伴うことはないです。
腰部脊柱管狭窄症の治療として、保存療法と手術療法の2種類で、保存療法は薬物療法・理学療法・運動療法・神経ブロック療法が含まれるのです。
末梢動脈疾患の治療は、薬物療法が基本的な治療法で、他には足への血流を増加させる理学療法、血管内治療が行われているのです。
腰部脊柱管狭窄症は完治する病気で、薬物療法を続けるだけでなく、筋力トレーニングを行うことも大事です。
末梢動脈疾患を完治するには、抗血小板薬を主とした薬物療法を続けるほか、皮膚が乾燥しがちなために潤滑剤や非薬用パウダーの使用が必要です。
あとは、日頃から歩くことも欠かせないです。

治療等について

 腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎にある神経を囲んでいる脊柱管という管が狭窄するという疾患です。
加齢に伴って多く見られるようになる症状ですが、椎間板ヘルニアや骨粗鬆症が引き金となって起こる場合もあります。
 腰部脊柱管狭窄症の主な症状としては、腰部の痛みや違和感、腰部周辺に重みを感じる等があります。
また、普段は何も感じないのに、歩行をすると足が痺れたり、思うように歩けないといった症状もあります。
この歩行時の症状は前かがみの態勢で休むと良くなりますが、これが腰部脊柱管狭窄症の特徴でもあります。
 腰部脊柱管狭窄症の治療方法としては、保存療法や手術療法があります。
 保存療法とは、血行を改善する薬や消炎鎮痛剤等を使って、症状をコントロールするという治療方法になります。
他にも、温熱療法やコルセット療法等もあります。
 手術療法とは、脊柱管が狭窄を起こしている部分の骨や靭帯を削るという治療方法になります。
手術療法は主に、下肢の麻痺や排尿障害等が長期間に渡って起きている場合に用いられる方法です。
 他にも、予防方法としては、体を反らせるような事を行わない、重い荷物を持つ等の腰部に負担がかかる事は控える等も有効です。
 腰部脊柱管狭窄症は、適切な治療を行えば完治の可能性もあります。
ただし、完治させるためには、早めに適切な治療を開始する事が何よりも大切です。
治療の開始が遅れれば遅れるほど、完治の可能性も低くなってしまいます。
腰部や下肢に何等かの違和感を感じたら、早めに病院を受診する事が大切です。